ページ

2017/06/28

エレハモから新製品Platform、ボリューム奏法機能と歪み回路を備える多機能ステレオコンプレッサー (追記)


エレハモが新製品Platform Stereo Compressor を発表しました。

ステレオの入出力を備え、ギターやベース、キーボード、ミキサーなど様々な機材に対応するコンプレッサー/リミッターです。



プラットフォームはスタジオ品質のコンプレッサーに加えて、専用のフットスイッチでオンオフできる歪みと、音のアタックを消すボリューム奏法機能も備える多機能ペダル。

コンプレッサーはVolume、Attack、Release、Sustain の各ツマミと、ハードニーとソフトニーの切替ボタン、コンプモードとリミッターモードの切替ボタン、コンプの掛かり具合をリアルタイムに表示する8個のLED メーターを搭載します。

歪みはすべての帯域へ均等に掛かるフルレンジ回路を採用。コントロールはVolume、Tone、Drive の3つです。

ボリューム奏法の掛かり方はSwell ツマミで調節。深く掛けるとサウンドを逆再生したような効果も得られます。

そのほか電源は付属の9V DC パワーサプライで動作。バイパス方式はバッファードです。


Electro-Harmonix Platform は7月第2週発売予定。米国での店頭価格は159ドル。

先日発売されたOperation Overload に続く、キーボードやレコーディング機材でも使える守備範囲の広い製品です。

7月11日追記:国内販売が始まりました。実勢価格は税込2万1700円前後です。

ソース: EHX.com - Platform Stereo Compressor
サウンドハウス - エレクトロ・ハーモニックス一覧

関連記事
エレハモが新製品Tone Corset 発表、ブレンドとPAD 搭載のアナログコンプレッサー

エレハモOperation Overlord 発売、あらゆる電気・電子楽器に対応するステレオドライブペダル

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。