ページ

2017/10/11

エレハモとスマパンのビリー・コーガンがコラボ、復刻版オペアンプ・ビッグマフを開発中 (追記:正式発表)


エレハモとスマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンがコラボし、オペアンプ・ビッグマフを復刻することがわかりました。

これはビリー・コーガンが英国の音楽誌MusicRadar のインタビューで明かしたもので、エレハモの創業者マイク・マシューズ本人から連絡があり、コラボを依頼されたとのことです。

ビリーいわく「マイクはあのクソ最高なサウンドを世界に広めたのが俺達だと思ったから、声をかけてくれたんだ。とてつもない名誉だよ!」




スマパンの名を世界に知らしめたSiamese Dream は、回路の心臓部にオペアンプを採用した、通称オペアンプマフが全編に渡って鳴り響くアルバムでした。

復刻版オペアンプマフは、このサイアミーズ・ドリームをフィーチャーした特別モデルになるとのことです。

本記事の公開時点で価格や発売時期は不明。来年2018年はサイアミーズ・ドリーム発売25周年なため、それに合わせて発売する可能性も考えられます。

スマパンのファンとマフ愛好家の両方にとって、見逃せない一品になりそうです。

12月12日追記:正式発表されました。米国店頭価格は80.60ドル。今週中に出荷開始予定です。


コントロールは基本のVol、Sustain、Tone に加えて、トーン回路をバイパスするミニスイッチも備えます。



デモ動画にはビリー・コーガンが出演。メンバー全員がマフを使っている友人のバンドCatherine のサウンドを聴き、ブラック・サバスのようなサウンドを鳴らせると思ったことが、ビッグマフを入手するきっかけになったと述べています。



なおビリー自身は、自分が買ったビッグマフがオペアンプモデルだったとは知らなかったとのこと。

中身を知らずに75ドルで買ったペダルが、1990年代を代表するサウンドを生み出したことについて、「ハッピーなアクシデントだったね」と振り返っています。

12月22日追記:国内では2017年12月末から2018年1月頃に発売予定。実勢価格は1万1300円前後です。

ソース: MusicRadar - Billy Corgan is working with Electro-Harmonix on a Siamese Dream op-amp Big Muff reissue
追記ソース: EHX.com - Op-Amp Big Muff Pi
サウンドハウス - エレクトロ・ハーモニックス一覧

関連記事
エレハモがグリーンロシアンを復刻、トールフォントとバブルフォントをミックスしたGreen Russian Big Muff 発表

Keeley Rotten Apple 発売、キーリー流にアップデートした「スマッシング」なオペアンプファズ

コラム: 「Big Muff Pi = 女性器を意味するスラング」というお話

コラム: 5 ベスト FUZZ ソングス

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

関連コンテンツ