ページ

2016/02/04

Supro 1304 Fuzz 発表。アクティブ2バンドEQ 搭載、「ファズフェイスとビッグマフとトーンベンダーの良いとこ取り」なファズペダル


米国のギターアンプメーカーSupro が、初のコンパクトエフェクター3モデルを発表しました。

その中のひとつSupro Fuzz は、メーカーいわく「ファズフェイスのダイナミクスと、ビッグマフのサステイン、そしてトーンベンダーのハーモニクスを備える」ファズペダルです。




独自開発の回路には英国製のNOS ゲルマニウムトランジスタを初段に、シリコントランジスタを次段に採用。

そこへSupro アンプから引き抜いた2バンドEQ を組み合わせることで、1960年代風のヴィンテージサウンドから音の壁のようなモダンなサウンドまで作り出します。

EQ はアクティブ式でトレブルとベースともにブーストとカットが可能。またトレブルはエクスプレッションペダルでも操作できます。

電源は9V 乾電池と9V から18V のパワーサプライに対応。消費電流は20mA。エクスプレッション端子はTRS。

そのほかクリック音のしないソフトタッチのトゥルーバイパス・フットスイッチや、電池交換のしやすい本体側面のバッテリーボックス、アルミ筐体、Made in USA はSupro ペダルに共通の仕様です。



Supro Fuzz の米国での実売価格は199.99ドル。国内では代理店のサウンドハウスが販売しています。

なお長らく消滅していたSupro ブランドを復活させたAbsara Audio 社は、エフェクターメーカーPigtronix の親会社です。

そのためPigtronix の代理店を務めるサウンドハウスが、新生Supro の代理店になったのも自然な流れと言えます。

ソース: Supro - 1304 Fuzz
参考:サウンドハウス - Supro Fuzz

関連記事
Mad Professor Sweet Honey Overdrive Deluxe 発表、Treble とBass コントロールを追加したSupro 系OD

コラム:Mad Professor 「Sweet Honey OD はダンブル系ではない」

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

関連コンテンツ