ページ

2016/06/28

アーニーボールがエクスプレッションペダル一体型エフェクターを発表、オーバードライブとディレイ+リバーブ (追記)


アーニーボールが新製品Expression シリーズを発表しました。その名の通りエクスプレッションペダル型のエフェクターで、サウンドを足でリアルタイムにコントロールできることが特徴です。




ラインナップはオーバードライブのExpression Overdrive と、ディレイ+リバーブのAmbient Delay。

ともに見た目はアーニーボールのボリュームペダルにそっくりですが、ひとまわり小さく
なっています。


各モデルの主な仕様は、まずオーバードライブがDrive、Boost、Tone の3つのノブを搭載。歪みの量はフットペダルでもコントロールできます。


アンビエントディレイはReverb、Feedback、Time の各ツマミに加えて、タップテンポ用の外部スイッチ端子を備えます。

ディレイタイムは50ミリ秒から1秒。フットペダルではエフェクトレベルを調節します。



Ernie Ball Expression シリーズは2016年第4四半期に発売予定。米国での実売価格は両モデルともに199.99ドルです。

おそらくアーニーボール史上初のエフェクターとなるExpression シリーズ。すでに大量の競合製品が存在するエフェクター市場に参入する上で、他社と差別化できる特色を持つことは重要です。

その点において、定番ボリュームペダルの地位を築いている自社製品を活用するのは、知名度を活かしつつ独自性も打ち出せることから、理にかなった選択と言えそうです。



2017年4月20日追記:国内販売が始まりました。実勢価格はOD が2万3760円前後、ディレイが2万7000円前後。ともに税込みです。

ソース: Ernie Ball - Effect Pedals
参考: Ernie Ball - Press Release

関連記事
VOX からハンドワイヤードのヴォリュームペダルV860、プリント基板不使用で「音色変化を最小限に」

コルグXVP-20 発表、小型アルミ筐体のエクスプレッション / ヴォリュームペダル

Dunlop / MXR が2016年モデルを発表。ペトルーシ・ワウ、エコープレックス系ディレイ、リバーブ、ミニボリュームペダルにタップテンポスイッチ

JHS、入出力端子の種類を変えられるモジュラー型ヴォリュームペダルSee-Saw 公開。光学式センサ採用、チューナーとバッファーも搭載

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ERNIE BALL Expression Overdrive [#6183]
価格:23760円(税込、送料別) (2017/4/20時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ERNIE BALL Ambient Delay [#6184]
価格:27000円(税込、送料別) (2017/4/20時点)