ページ

2016/07/05

Xotic RC Booster V2 発表、2つのゲイン設定を切替え可能なクリーンブースター


Xotic が新製品RC Booster V2 (RCB-V2) を発表しました。昨年数量限定で発売したスコット・ヘンダーソンモデルRCB-SH を元に、18V 電源への対応など一部の仕様を変更して通常モデル化したペダルです。




RCB-V2 の基本仕様はスコヘンモデルから変わらず、2つのGain ノブとアクティブ式の2バンドEQ 、Volume ノブを搭載。

ブースト量は最大+20dB。原音に色付けしないクリーンブーストが可能です。EQ の調節範囲はTreble とBass ともに+/- 15dB。

2つのフットスイッチは右がエフェクトのオンオフ。左はゲイン1とゲイン1+2を切り替えます。

電源は9V から18V に対応。18V ではより広いヘッドルームが得られます。消費電流は6mA。バイパス方式はトゥルーバイパス。本体カラーはクロームです。


Xotic RC Booster V2 は2016年7月末~8月中旬国内発売予定。メーカー希望小売価格は税抜2万5000円。米国での直販価格は189ドル。いずれも初代RC と同価格です。

またV2 の発売に伴い、初代RC の製造は現在の部品在庫をもって終了します。Xotic いわく終了時期は2016年末頃になりそうとのこと。

中古市場に大量に出回っているので入手に困ることはなさそうですが、新品で欲しい場合は早めに動いたほうが良さそうです。

ソース: Xotic - RC Booster V2
参考: Xotic - RC Booster Scott Henderson
サウンドハウス - Xotic 一覧

関連記事
Xotic Soul Driven AH 発表、アレン・ハインズ シグネチャーのアンプライクなドライブペダル

ケンタウルスの開発者ビル・フィネガンが新製品Klon Clean Boost を公開、コンパクトなクリーンブースター

Suhr Dual Boost 発表、1つのフットスイッチで2つのモードを切り替え可能なデュアルモード・クリーンブースター

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。