ページ

2017/03/09

Strymon Sunset Dual Overdrive 発表。2チャンネル、6モード搭載の2 in 1ドライブペダル (追記)


米国のエフェクターメーカーStrymon が、新製品Sunset Dual Overdrive を発表しました。

サンセットは、同社が昨年末に発売したRiverside と同様に、アナログのゲインステージと、様々な歪み回路を再現するDSP アルゴリズムを融合したドライブペダル。

アンプの歪みを狙ったリバーサイドに対し、エフェクターの歪みを狙ったのがサンセットです。




サンセットはA とB の2つのチャンネルを搭載。それぞれ単体使用のほか同時使用も可能で、接続順も直列(A>B or B>A) と並列(A+B) の3種類から選べます。

コントロールは各チャンネル個別にLevel、Drive、Tone、モード切替スイッチを搭載。チャンネルA のLevel ツマミはノイズリダクション機能の調節にも使います。

また搭載するモードはチャンネルごとに異なります。その内訳は、

チャンネルA

  • Ge:ゲルマニウムクリッピングのオーバードライブ
  • Texas:シングルステージのソフトクリッピング・オーバードライブ
  • Treble:トレブルブースター

チャンネルB

  • 2 Stage:ソフトクリッピングとハードクリッピングを組み合わせたゲイン幅の広い歪み
  • Hard:ファズの領域までカバーするシングルステージのハードクリッピングドライブ
  • JFET:本物のJFET による温かみのあるクリーンブースト

ストライモンは各モードの元ネタを明かしていませんが、説明とデモのサウンドから想像するに、Ge はケンタウルス、Texas はチューブスクリーマーを元にしているのかもしれません。


本体背面にはメインの入出力のほか、プリセットを呼び出すFAV (Favorite) スイッチ端子、エクスプレッションペダル用のEXP 端子、高域を調節するBright スイッチ、チャンネル設定スイッチを配置。

エクスプレッションペダルは操作するノブを自由に選択でき、すべてのノブを同時にコントロールすることも可能。

さらにヴォリュームモードに設定すると、ペダルがオフの状態でも音量をコントロールできるので、ヴォリュームペダルの代わりとしても使えます。

そのほかバイパス方式はトゥルーバイパスとアナログ回路のバッファードバイパスから選択可能。

核となるDSP には32bit 浮動小数点演算のSHARC DSP を採用。A/D およびD/A 変換は24-bit / 96kHz。

電源は9V DC / 250mA。専用のパワーサプライが付属し、電池駆動には非対応です。



Strymon Sunset の直販価格は299ドル。発売は2017年3月中を予定しています。

単体で多彩なサウンドを作り出せる上、拡張性も備えているので、様々な状況で活躍できそうです。

3月10日追記:国内では3月16日(木)発売予定。実勢価格は税込3万5000円前後です。

ソース: Strymon - Sunset Dual Overdrive
参考: Strymon Blog - Single Stage and Multistage Gain Topologies – Sunset and Riverside
オールアクセス - Strymon
サウンドハウス - Strymon 一覧

関連記事
セリアトーンのケンタウルスクローンCentura 正式販売開始、完成品のほかケース単品やキットも用意

Suhr Eclipse 発表、独立2チャンネルのオーバードライブ / ディストーションペダル

ストライモンから新製品Riverside、デジタルとアナログのゲインステージを融合した新世代のドライブペダル

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
strymon SUNSET [Hybrid Drive Pedal] 【3月1...
価格:34884円(税込、送料無料) (2017/3/10時点)

関連コンテンツ