ページ

2016/04/04

ARC Effects からヴァイオレット・ラムズヘッド系ファズペダルShepherd、ミッドコントロールスイッチ搭載


米国のエフェクターメーカーARC Effects が、新製品Shepherd を発売しました。「羊飼い」という名前と紫色の筐体が示す通りの、「ヴァイオレット・ラムズヘッド」を元にしたファズペダルです。




ヴァイオレット・ラムズヘッドとは、1973年頃に発売されたフォントやロゴが紫色のビッグマフの通称。ラムズとしては最初期のモデルのひとつです。

そのヴァイオレット・マフがベースのシェパードは、マフの基本といえるVolume、Tone、Sustain に加えて、中域をカット、フラット、ブーストの3種類から選ぶミニスイッチを搭載。

入出力と9V 電源端子は筐体上部に配置しています。フットスイッチはトゥルーバイパス。

ARC Effects Shepherd は受注生産で納期は約3週間。直販価格は米国向けが180ドル(約2万円)、米国外が200ドル(約2万2300円)。ともに送料込みです。

ARC のマフ系ペダルといえばロシアンマフ系のBig Green が高評価を受けているので、Shepherd にも期待が持てそうです。

ソース: ARC Effects - Shepherd
参考: Kitrae.net - Big Muff History - The Ram's Head (1973-1977)

関連記事
コラム:「抜けるマフ」- 中域をコントロールできるBig Muff 系ペダル19モデルまとめ

JHS Muffuletta Fuzz 発表、5種類のヴィンテージBig Muff とJHS Mod. サウンドを選べるマフ系ファズ

コラム: 「Big Muff Pi = 女性器を意味するスラング」というお話

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

関連コンテンツ